上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.21 永遠の絆
 
五月の陽射しの中で   神様は微笑んだ 
教会の鐘がひびき  誓いの言葉が交わされた   
  
  瞳を閉じると浮かんできたよ  二人の笑顔
  寄り添うように大空へ向かって  花を咲かせている
  
         やがて二つの夢は 永遠の絆へと
         育まれることだろう  強く  深く
        

冷たい雨に打たれ   泣き出しそうな夜も 
きっと二人のことなら   新しい朝  迎えられる   
  
  耳を澄ますと聞こえてきたよ  二人の笑い声
  寄り添うように海辺に向かって  風を吹かせている


         やがて二つの夢は 永遠の絆へと
         育まれることだろう  強く  深く 
                   
         Forever

作詞・作曲 河北雅由 
埃かぶったギタ一を  ごそごそ持ち出して
「久しぶりや!」と家族の視界に  わざわざ割り込んで

開始モードをアピールしながら  6本の弦を張る
「もう一度!」って気持ち  確かめるように


     思い出話も楽しいけれど
     完結編までまだまだありまして
     
     明日の話で笑えるように
     ここらでひと花咲かせてみせましょう



不安1割 卜キメキ3割  色気は60%  
柔くなった指先で鳴らすは  ロ一コードばかり

でも何とかなりそうな気がする  困ったプラス思考
一念発起の  アラ50の秋


     「ご機嫌如何?」と Delpapa参上
     大した者ではございませんが
     
     貴方と出会えた記念に一発
     今日もひと花咲かせてみせましょう


     「これが最後」と言わずに
     もっとずっときっと絶対 咲かせて生きしょう


作詞・作曲 黒田賢治(2009.12.16)
Play:A



最後の荷物 ギターを積み込んだら
灼熱の大地 西へと走らせる

四駆のエンジン音 ガタガタとうるさく
砂けむりの中に 過去を投げ捨てよう

    おまえと子供たちと ささやかな夢と
    メロディーの中に 注ぎ込んだなら

       理屈で語れない 俺達の旅に
       祝杯のあらしが Go Go 吹き荒れる


心まずしくて 金にまみれた
指導者達が この国つぶすだろう

そして36の俺は 組織のど真ん中で
ゆくあてもないまま 流され続けた
         
    人間関係から 生まれるストレスを
    夕べの酒とともに  吐き捨てたならば

       ころがり続けろ ガタガタ音をたて
       ころがり続けろ ガタガタ音をたて

       理屈で語れない 俺達の旅に
       祝杯のあらしが Go Go 吹き荒れる

       ころがり続けろ ころがり続けろ
       ころがり続けろ 俺たちの 旅よ
     
                     Ra Ra Ra

作詞・作曲 河北雅由
Capo:2/Play:G


子供の頃に友達とチャリンコころがして通った 
この川の上のもっとずっと上にあった今はなき古い鉄橋

「既に列車も何も通らない。」なんて噂をしっかり疑いながら
線路の彼方と遥か下の川面をきょろきょろしながら渡った春の日
      
  20世紀に少年だった僕等も今は「おやじ」になって
  それぞれが大切な荷物を抱えて頑張ってるけど
 
      きっと全てを手に入れたはずもなくて
      これからも走り続ける旅の途中さ
    
      いつもいつまでも たとえ真っすぐに進めなくても
      自分の気持ちに嘘をつかず あの日の僕らのように  


三角公園、丸い舞台 浴衣姿のあの子を見つけ
みんなで見上げた花火よりも眩しかった川まつり

まわし姿の凛々しさに ちょっと大人になった気がして
お宮を目指して竹練りだ 御旅提灯 秋祭り

  20年後の予言書なんて 照れ臭くてもう書けないけれど
  大切な何かを求めてページを重ねていく

      ずっとずっとあの頃の笑顔のままで
      無くしたくないものがあるとしたら それは「友達」   
    
      だから繋がろう 心が折れないように
      そしていつまでも夢を追いかける少年のように

 あの日の僕のように あの日の君のように 少年のように


作詞・作曲 黒田賢治(2009.9.19)
編曲 黒田賢治、河北雅由
Capo:2/Play:D
2009.12.13 おやじの背中
『おやじの背中』

揖保川流れるこの街で暮らし
体に刻んだ祭りの鐘太鼓
みんなで仲良くワイワイやりたくて
そして「おやじの生き様」息子に見せたくて

子供のためにと志し高く
PTAやら地域で腰低く
そのうちいろんな役割り付いてきて
感覚マヒして楽しくなりました。

  カミさん任せの子育てなんて
  何だかもったいないぞ

  今時流行らぬ内弁慶
  おやじの繋がり見せつけろ! OH!


40過ぎたら落ち着いてないとだめなんですか?!
おやじだからこそ一杯できることがあるはずさ。
「おやじの背中」 

   

みんなで夜な夜なチャリンコ転がして
何かに託つけ飲み会組みまして
仕事を離れた仲間が増えまして
中性脂肪も仲間入りしました。

「最近ウチのお父さん変なのよ!」
家族の心配逆手にほくそ笑み
Tシャツ揃えて今夜は打ち上げだ
昨日前夜祭、明日は反省会

  我が家と職場の往復だけじゃ
  何だか物悲しいよ
 
  ダンスに忍者にペタンク、そば打ち、ヒーロー囲む会
  次いでに未来も語ろうぜ! OH!


何か伝えるべき世代(とし)になり何も見当たらないなら
取り敢えずは自分が楽しく怪しく美しくあれ

「輝く背中」
「せり出すお腹」
「おやじの背中」


作詞・作曲 黒田賢治(2006.9.5)
編曲 黒田賢治、河北雅由
Capo:2/Play:C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。